FC2ブログ
Blog are*kore
妄想を食べて生きてます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2008/01/21(月)   CATEGORY: Johnny
スウィーニー見たどー!
20080121.jpg

新年そうそうブログほったらかしでした!
が!書かねばならない。そう!【スウィーニー・トッド】レビューじゃ~~~!!!

絶賛するしかない。
エンドロールの間呆然とした。すばらしい映画だったなぁと噛み締めるように。
これはジョニーの作品の中でもマイベスト3には確実に入る。
今のところは冷静さを失っているから、1位かもしれないw
こういうジャンルの映画で大手を挙げて「すばらしい」と絶賛するは
倫理的にどうかと躊躇してしまいますけど。
そりゃ~ね。首切りまくるしねジョニー。血しぶきあがりまくるしねw
でもこの映画をスプラッタだなんだのって言葉でかたづけられちゃたまらないね。
愛と哀しみがそこかしこに盛り込められていて、見た後切なさで一杯になる。
ジョニーとティムってコンビはほんとに最強だなって、心から尊敬した。

それからミュージカルとの融合の妙。
ここまで歌の比率が多いとは思ってもみなかった。
ミュージカル映画としてみても、いちばん好きだといえる。
すべての歌が、残酷なシーンとは対比的にすばらしい旋律を奏でる。
耳に残る印象的な歌が映画を見た後もじんわりと心の奥でリピートしてる。
役者陣の歌声もみんな見事だった。
もちろんジョニーの歌声も言うまでも無く。
最初ジョニーがミュージカルと聞いて「マジで?それはさすがにどうなんやろ…」
と若干心配した自分が恥ずかしい。なにを心配するんだ愚かな自分よ。
あのジョニー・デップやぞ。
ジョニーの辞書に不可能なんか無いわ!と改めて思った。
ジョニー信者が輪をかけてハマる魅力。底なし沼か、ジョニー!

ラベット夫人役のヘレナもずば抜けた歌声でしたね。
トッドとラベット夫人が人肉パイのアイデアを思いついたときに
それはイイ考えだ!と踊りながら歌うあの曲が好き。好きすぎ。
あと、カミソリがトッドの手に戻って、カミソリは友達だと歌う曲も。
あと、船乗りボーイがジョアナを思ってうたうスイートな曲も。
あの船乗りボーイ、イケメンねっww(名前ど忘れだけども。)
あとあと、ラベット夫人がトッドと海辺で暮らしたいと妄想する曲もw
ていうか、出てくる曲みんな好きなんですけどね(笑)無駄がないねまったく。
ラベット夫人の妄想シーンは面白すぎますね。
あそここそティムの悪趣味さ(笑)いやいやブラックユーモアが感じられるシーンで大好き。
ノリノリルンルンなラベット夫人と対照的に、
下を向いてしかめっ面なトッド。どんだけテンション低いね~~ん!w
青空の下でのラブラブ2ショットなのに、2人の顔面蒼白さといったら!(爆)ww
顔色悪いっちゅーねんww あのシーンには笑いをこらえるのに必死なのです。

話が脱線しましたが。
主人公たちがみな可哀相な宿命にあること、これが切なさを呼ぶわけです。
無実の罪で妻子から引き裂かれたトッドはいうまでもなく。
トッドに一方的な想いを抱き、それが報われることのないラベット夫人。
ジョアナとイケメン船乗りくん(相変わらず名前ど忘れ)の悲恋。
トビーがラベット夫人を心配し母のように慕う心。
そして何よりあたしは妻ルーシーの成れの果てが悲しかった。
落ちぶれた姿になっても、あの界隈をうろついていたのは
判事の家に我が子が幽閉されているのを知っていたからなんだろう。
窓辺に座る我が子を見守りたいがためにああしてしぶとく生きていたんだろう。
そんなルーシーが偶然、かつての夫と再会したとき、訪れたとっさの運命。
あまりの仕打ちにあのシーンは胸が押しつぶされそうだった。

変わり果てた妻の存在に気づき、自分を呪うかのように歌うトッド。
きっとあの間、後ろでトビーの存在に気づいたに違いない。
それを薄々感じながら、まるで殺してくれといわんばかりに無防備なトッド。
妻を抱きながら自らも首をかききられ、血に染まっていく2人の姿。
残酷ながらも、あんなに印象的なラストシーンは他にない。

もうすでに2回見たんですが、今もなお見たくてうずうずしてる。
どうしようこの血まみれの底なし沼(笑)


《余談》
知っとこ!のナホミちゃんのジョニーインタビュー。
今週だったとはな~~!(泣)
先週張り付いて録画したのに映像無かったから、ああ~今回は滞在時間短かったから
ナホミちゃんインタビューできなかったんだなーと思ってたのに。
また録画できなかった自分に鬱。
でも、YOU TUBE様さまで見れましたよ。
今回のも泣けたーーーーー!ナホミちゃんにもらい泣きするんやーーー。
やっぱりナホミちゃんがインタビューしてくれるとジョニーの表情が明るくて
素の部分を出してくれるからウレシイ。
「She's fantastic .I love. She's great.」とナホミちゃんが去ったあとに
ティムに言ったジョニーの一言。
うらやましいを通り越して、ジョニーの人柄に涙が出るよ。
ナホミちゃんはああいう天真爛漫な性格だから、嘘がない人じゃん。
それを見抜いてるんだと思うジョニーは。
純粋に自分をファンでいてくれるナホミちゃんに嘘がないところを直感的に感じて
ジョニーも肩の抜けた付き合いができてるんだと思うな。
だからナホミちゃんのインタビューは一番なんだろうな。


スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © Blog are*kore all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。