FC2ブログ
Blog are*kore
妄想を食べて生きてます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2008/02/25(月)   CATEGORY: 香港・中国
なんて騒ぎだ
えぢが引退だって。。。

画像流出事件について、詳しくはよく知らなかったんだけど
なんとなくニコ関連のサイトで目にはしてた。
でもこんな香港芸能界を揺るがす大騒動だったとは、な。
嫁(セシ)も被害の1人らしいけど、
ニコ・セシにそこまで大きな影響はないらしい。

ええ~~~~~。。。
でも、えぢ引退はもったいないナ~。
ニコの大の友達だったし、落ち込むだろうな~。

こういうことで俳優業から身を引くっていうのは切ないね。。。
スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/02/07(木)   CATEGORY: 香港・中国
プチ祭り復活
あたしのなかで星爺見たい衝動が久々に掻き立てられまして
【カンフーハッスル】と【008皇帝ミッション】と【チャイニーズ・オデッセイ】を
DVD引っ張り出してここ数日見ておりました。
残念ながら【詩人の大冒険】が大好きだったはずなのに、
うちの棚を探しても無い!無い!?なんで~と思ったら、
DVD売ってた…(泣)
そう、もうあたしのなかで星爺ブームは終わったと思い、いくつか売ってたんだった。
自分を呪うしかないよ…。アホかあたし。
【食神】も【006~】も無いよ。。。もう泣きたいよ。。。

まぁそんななかで生き残っていたDVDたちを見ていたのですが。
まずはカンフーハッスル。
あはん。やっぱりシンちゃんはやさぐれカッコイイ~わ☆
あのやさぐれ感・小物チンピラ感にそもそも惚れたのよね~。
ナイフが肩にグサグサ刺さるシーンとかもう忘れてたので久々にめっちゃ笑った。
豚小屋砦のマドンナがそうそう、ブッサイクやな~って笑ったw

008~はやっぱり名作だ。
誰がなんといおうとこの映画の”夫婦愛”はどの映画にも負けないのだ!
リンリンファとカーリン、本当に理想の夫婦像。
いっつもニコニコで、あんな可愛いらしい夫婦はおらんね。
真珠をもらったカーリンが「あなた、愛してる。」って言って走っていったあとに
独り言のように「僕もだ。ずっとな。」って言うリンリンファがたまらん!悶絶。
やっぱり星爺は演技うまいよ。こういうふとした瞬間にめっちゃ男前なんだよ。
星爺のお医者さん古装もむっちゃかわいいし、
基本的にあたしは平常心では見られませんこの映画。とにかく祭りです。

チャイオデは、泣いた~。
複雑なストーリー展開だから半分くらい忘れてたんで
久々に新鮮でした。
そうだ、はじめは山賊だったんだ(笑)それも眉毛のつながったww
悟空のときのセリフ・所作がすごい好きなんですよ。
声や喋り方が人格全然変わってる。
悟空の所作はキレが良くてすばしっこくて、バナナの食べ方がニヒルw
あの演技は数々演じられてきた悟空のなかでもトップクラスかと思う。

あー、詩人見たいな~。
買い戻そうかなw
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2007/04/26(木)   CATEGORY: 香港・中国
香港旅行記ぱーと②
まだ1日目が終わりませんよー。
夕食。
この日はフカヒレスープ、と聞いてたので、
すっかりフカヒレの姿煮をイメージしていたのだが、
実際のメニューをみると、あらら、ほぐしたフカヒレが卵をといた
スープに入ってた。。。あら(汗)まぁいいけど。
相席になったおそらく新婚さんたちがめっちゃ仲良くて、
いろんな意味でおなかいっぱいだった(苦笑)

そしてスターフェリーに乗船。

20070426a.jpg

ガイドが言ってたけど、フェリーの片道って日本円で35円くらいだったっけ。
バカ安っ。バカだね。バカ。
でも、船から見る夜景は…プライスレス。(某CMパクリ)
乗り場のとこにあった時計台も綺麗だったー。時計台撮るの忘れたー(涙)
そういえば、香港島のほうに見えた観覧車。
あれってさ【ティラミス】でニコたんとカリーナが乗ってたアレちゃうの?違うの?

そして香港島到着。
三角形の形がインパクトあるあの有名な銀行のビル。
香港のビルといえばあたしは真っ先にあのビルの形が浮かぶんですが。
【食神】でも星爺があのビルの前でうっしゃっしゃっしゃ~って極悪笑いしてたしw
ピークトラムに乗ってビクトリアピークへ移動です。
ピークトラムの乗り場には蝋人形館の入り口があって
記念にパシャリ。中央あたりに嫁がふんぞりかえっています(笑)

20070426b.jpg

ピークトラムは日本じゃ考えられないほどの急勾配を登っていきますね(笑)
冒険だなー。大都会ですごいアドベンチャー感だったなぁw
でもその車窓から見る100万ドルの夜景は…プライスレス。(クドい)

登りきって下車。
するとそこの建物の中にブルース・リーの蝋人形発見。
わーわーとお客さんがむらがって写真を撮っていた。
少し歩くと、また違う蝋人形があって、わーわーと周りに撮影してるお客さん。
よ、嫁だ!嫁の蝋人形だ!!!(なぜか戦闘態勢。)
うぅ、でも記念にあたしも嫁の蝋人形と撮りたい、と思ったものの、
ガイドがどんどん進んでいくので撮る暇なく、スルー。残念。
結局あの蝋人形館の中にはVIVAってる旦那も居たのだろうか。
それがいちばん気懸かりだった。

ビクトリアピークからの眺望はこれまた最高で。
そこにいる写真屋のにーちゃんたちが記念写真撮ってくれるというので
(もちろん金はふんだくるんだが。)
ふんぱつして撮ってもらった。これがなかなかの出来で。
やっぱりプロのカメラは違うぜ。夜景モードが違うぜ。

夜景を満喫してその日のプランはひとまず終了。ホテルへ帰る。
その途中ホンハムの駅前を通り過ぎるとき
「にゃーーーー!ぬこたんっ!」と奇声をあげる我。

20070426c.jpg

居たよい居た居た。ぬこたん、いやいやニコたん。
4月なのに、もうほとんど香港の人たち半そでだったのに、
あえてスノボでもほっといてくれ。な!
さっき嫁ばっかり見てたが、やっとちゃんと旦那が見れた。
あ~、ぬこたんぬこたん☆☆☆(壊)
バスで通り過ぎたときはちゃんと写真撮れなかったんで
シャングリラに戻ったあと、徒歩でホンハムの駅前まで戻ったんだぜ。
ザ・暇人(笑)すげぇー歩いたけど。これも愛の力だわヨォ。
もう一種類、もこもこの上着のフード被ってるバージョンも撮ったのに
部屋に帰ってデジカメの画像整理してたら誤って消した(爆)
自分を呪った…。

うちひしがれつつ、テレビを見てたら
ラムが出てた。星爺の弟子のおでぶちゃんことラム・ジーチョン。
ほんとに香港来たんだな~と、なぜかラムをテレビで見たときに
いちばん思った(笑)

やっと1日目、完了。
[ TB-0 | CO-2 ] page top
DATE: 2007/04/17(火)   CATEGORY: 香港・中国
香港旅行記ぱーと①
ただいまっす。
13、14、15日で香港いってきましたー。キャー!
というわけで、香港すったもんだ珍道中(?)のレポを徐々にアップします。

福岡→台北→香港という乗り継ぎで、チャイナエアラインにて。
蒼井優ちゃん似のフライトアテンダントに「萌え~」と興奮(爆)
チャイナエアラインのフライトアテンダントは
やっぱり中国系の人が多かったかな?
とにかくアジアンビューティーばっかりで萌え萌えだった。
機内食で「チキンORビーフ?」って聞かれるかと思って
「ビ~~~~フ!」って答える練習してたのに(ライフカードのギリジョ風)
聞かれたのは「パスタorフィッシュ?」だった。ぇ…。
飛行時間は1~2時間くらいで乗り継ぐのに、乗るたびに機内食出るから
片道数時間だけで2回も機内食を食うはめになった(笑)
そしてドキドキしつつ香港上陸。

迎えにきた現地係員は禿げ散らかしたいかがわしいおっさんデイヴィッド。
いや、名前は知らないんだけど、勝手にデイヴィッドってあだ名にしたの。
デイヴィッドに言われるがままにワゴンに乗り込み、向かうはホテル。
九龍(カオルーン)シャングリラ。

20070417a.jpg

これがホテルのロビー。
ホテルのロビー撮ってるだけで完全におのぼりさんである(笑)
ボーイさんにチップをあげるという行為にドギマギしながら、部屋へ。
残念ながらせっかく海沿いに立つホテルなのに、うちらの部屋は
中庭沿いで海が見えなかった(泣)

そして晩御飯の集合時間まで自由にぶらつく。
シャングリラの前の道を海沿いに歩き、きゃあきゃあテンションあがる我ら。
そして通りに戻り、中国茶のお店へ。

20070417b.jpg

おばちゃん、写真載せてごめんちょw
このおばちゃんがと~~ってもエエ人で、お茶もおいしくってついつい長居。
こっちを見てすぐに「コンニチワ~。ドウゾ~。」と言われ、
え?日本人ってそんなすぐわかるの???と思ってたら
次にやってきた男の店員さんもこっちを見るなり「コンニチワ~」と。
「なんで日本人ってわかるの?」って聞いてみたら
髪型やら服装の流行が香港とは違うし、
第一、香港の女性はほとんどこの時期化粧をしないからだって。
(外気温は熱いし、冷房は強いしで、すぐ化粧が崩れるから、だそうだ)
なるへそなるへそ。
おばちゃんが入れてくれる鉄観音やらジャスミン茶やらどれもこれも美味。
あたしは自分用にドラゴンボールティーっていう面白い名前の茶を購入。
「多謝。」っていったら、褒められた(笑)

20070417c.jpg

こちらはおばちゃんが隣でやってたお土産屋。
アジアンやわ~。

…ということでひとまずこれにて。続きはまた今度。
レイトで【東京タワー】見にいかねばならんので、急いでるんだぜ(爆)
あ、そういえば出発前日に中検の結果通知のハガキが届いてたんですが
見事4級合格しました~~~~~いぇいいぇい。
[ TB-0 | CO-2 ] page top
DATE: 2006/07/03(月)   CATEGORY: 香港・中国
郵便屋さんに恋をして☆
近所にTSUTAYAができました。
ビバ・都会!(←TSATAYA=都会というイメージがインプットされてる田舎民)
オープンに行ってきたんですけど、まぁ~香港・中国映画の充実してないこと。
笑っちゃうくらい怒りを覚えましたけど何か?w
一面韓流ばっかりで、同じアジアだからって添え物のように置かれてる香港・中国映画。
まったく、なっちゃいね~な~。

お目当てはリウ・イェが主演の始皇帝なんちゃら(曖昧)っていう
連ドラを探しにいきました。
それはかろうじてあったんですけど、新作だから高かったのでまた今度にした。
今週末には待望の花無缺サマが届くからそっちに没頭するだろうしと思って(笑)
連ドラをかけもちして見るのは体力的に無理。
準新作に落ちるまで待ってなさい、イェ(やたらと上から目線)w

その代わりイェとカリーナ・ラム共演の【恋の風景】を借りてきました。

sdfg.jpg


イェは郵便屋さん。
おまえ「郵便配達」ばっかりしてんなw 俳優と兼ねてバイトしてんのか?w
純粋で寡黙で思いやりある郵便配達の青年とカリーナが恋に落ちる…
こういうイェはほんと子犬ですね。わきまえてますね、自分の持ち味を。
キューン☆きました。イェなりの計算ですかね?(笑)

って、おい!

2005620235556403.jpg


【ティラミス】と同じやんけ!!!!
霆鋒は郵便屋さん。
「労働」という2文字が似合わないにも程があるのは気のせい?w
三角座りしてるわ、三角座り(笑)貴重だわ。

カリーナめ、、、郵便屋さん独り占めしやがってこのやろ~
役得だなぁ。
郵便配達のもっさりした制服がこれまたカワイサ倍増なんでっせ、奥さん。
「郵便でーす。」ってうちに来たら間違いなく拉致るわねあたしは(犯罪でーす。)

そんなカワイイかわいい郵便配達の2人が

20060703_1.jpg


1人はドSの化身に、そしてもう1人はペコペコ族に、と、
こんな立場になっちゃってる【無極】は8/4リリースです☆
(なーんだ、結局プロモーションなのかよ)
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2006/06/21(水)   CATEGORY: 香港・中国
香港ですノ
まごさん、土曜は雨ですって。ヤですね。。。

20060621_note.jpg

中国語教室用のノートを買おうと思って【デスノート】を見る前に
イチゴ柄の可愛らしいノートに決め、映画見終わったら買いに戻ろうとしてたんですが
デスノ見終わって戻ってきたらこんな真っ黒なノートを速攻買っていたあたし(爆)
気分はすっかり死神かw

あ~デスノ面白かったなぁ~。
【日本沈没】の予告のツヨポンもかっこよかったなぁ~(関係ないだろ)
あんな絶体絶命のピンチにツヨポンが守ってくれたら惚れちゃうね。

…あ、話がまたそれた。

デスノですのよ。
勝手に変換・香港バージョンで妄想していこうと思いますw


☆夜神 月(やがみ らいと)

20060621_1.jpg


我らが美のカリスマ(笑)ニコラス・ツェー
クールビューティーならどんとこい。さすがミス香港の息子(本当です)
昨日の極悪マフィア画像は忘れてください(爆)


☆L

20060621_2.jpg


ショーン・ユー
偶然Lっぽい格好してるのと(左)、Lっぽい座り方してるの(右)があったw

ニコ&ショーンは目にありがたいね。これがいいよ。

[ TB-0 | CO-2 ] page top
DATE: 2006/04/22(土)   CATEGORY: 香港・中国
ハニカむエヂ


エヂと王子。(【ムービング・ターゲット】より)

エヂことエディソン・チャンが「恋するハニカミ」に出てましたv
見ましたv お相手は鈴木杏ちゃんで、京都デート。
【頭文字D】つながり…なんで今更?な気もしますが(笑)

あわわ~エヂかわいかったよーwwww
映画の中のエヂにときめいたことはないのだが(爆)素のエヂはかなりかわいかった。
痩せたのかなぁ。顔が締まってたけど。
「イゴゴチガイイー!(居心地がいい)」って池のボートで叫んだのがキュートMAXでしたなw
それにエヂも英語ぺらっぺらなのねぇー。
香港人の話す英語にヨワいのあたし(笑)ギャップがいい。
流暢に英語話しつつ、ゴハン食べるときの箸の持ち方がしっかりしてたり、ねw

ていうかバンクーバーで育ったってニコと一緒やね。
この2人は同級生なんですよ。机並べて勉強してたんです。
もしかして”向こう”(カナダ)で同級生だったってことかな?
「おいおいニコ~、早弁してナンパでも行かねぇ?」(←オイ!)
「そうだなエヂ。次の数学ばっくれようぜ」とか言ってそうです(爆)
いい子なわけがない、この2人がツルむと!w

ま、そんなことは置いておいて(笑)
2週に渡っての放送らしいので来週も見なきゃ~。ハニカミエヂを。
そして一体誰を次のデートに紹介するんだ?お友達紹介でしょ。
もしかしてニコ?それはダメ!!!嫉妬に狂う女がここにいるからw
ってそんなのあるわけねぇよなw


さぁさぁ、
あたしは勝手にニコと京都デートしてる妄想でもするかな。。。
浴衣姿で、和風庭園の前で膝枕しちゃうから

…こりゃたまんねぇ。
ウヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ(もはや妖怪である)

[ TB-0 | CO-3 ] page top
DATE: 2006/02/19(日)   CATEGORY: 香港・中国
無間道げっとぉー
”「おばさんじゃないですか」ちゃん”と今日もダラダラと会話。
(誰のことか、分かる人には分かるハズ)
とにかくPROMISEを早く見るべし見るべし!と呪文のように唱えてきてやりました。
「あたし、かなりMっ気ありますよ」
「よーし!Mならきっとニコ様のSっぷりにぞくぞくしちゃうこと間違いなしさ!」
とわけのわからぬSM論まで飛び出す始末(爆)
仕事をせー。仕事を。
ていうか、あちきがあまりにニコ様ニコ様言ってたんで
「このまえまでウエンツ、ウエンツってうるさかったくせに…」と呆れられた。
それはそれ、これはこれやがな。別腹、別腹(?)

バイト帰りになんとなく店に立ち寄ってDVD物色してたんですが
【インファナル・アフェア】と目が合ってしまいました。
前からずっと欲しかった、というか、いつか買うと決めてはいましたが
「で、結局いつ買うんや?」と自分と自問自答し、
「えーい、めんどくせー。買ってしまえ。」と勢いで買ってきました。
後先考えない自分、バンザイ(爆)
特典映像見てました。
ハキューンです。まじ、ハキューンです(何?)
プレミア試写会のアンディのカッコよさ、トニしゃんのおトボケ具合にハキューンです。

抽選会が行われて壇上に呼ばれた日本人の女性。
彼女がステージに近づいてくると、さっと手をとって壇上に上げるアンディ。
かっけぇぇーーーー!なんて自然なんだぁぁーーーーー!
当の女性はアンディやトニしゃんを間近で見ておろおろ泣きそうでした。
いいなぁ…うらやましいなぁ…。
あちきもあの場にいたら嬉しくて泣いちゃうかもな。
で、退場するとき。そのときもアンディはさっと後ろから手を回して、
ステージの端、見えなくなるまでその女性を誘導していきました。
さすが四大天王アンディ・ラウだーーーーw

一方、頭からお花が咲いてそうな、ポケーっとした顔のトニしゃんは
(役者スイッチが入っていない素のトニしゃんはかなりのんき顔)
抽選で当たった近藤さんという女性の名前を読み上げてたんですけど
通訳さんに聞いたまんまに発音してました。
その言い方がやけに自信無さそうに小さい声で

「こんどぉーサン。」

って(笑)声、小っさ!
けど、なんか、むっちゃかわいいーーーーーwww
会場からも「かわいいー」との声が飛び交っていました(笑)
なんやーあのオッサン。いい年しやがって、かわいいにも程があるぜ。

てなわけで、今これを書きながら本編を見てます。
役者スイッチが入ったトニー・レオン、艶っぽいにも程があるぜ…。
なんですか、この人。人をおちょくってるんですか?くやしいw

もう何回見ましたかねぇこの作品。
たぶん10回は見た気がするけど、それでも飽きません。
こんな完璧な作品はなかなかみつからないね。
インファナル~を見てると安心します。
香港映画の底力を見せつけられる映画ですもの。
一流の役者と演出と、そして最高の脚本があればハリウッドにひけをとらない
こんな大作が出来上がるんですもの。
[ TB-0 | CO-2 ] page top
DATE: 2005/11/25(金)   CATEGORY: 香港・中国
やっぱり「嫉妬の赤」がいい
うわーん。ゼミ休みになったと思ったら、個人的に先生から呼び出されて「これ読んでおきなさい。」とどっさり卒論用の本を渡されたぁぁ…。イヤやー。そんな…当初の予定が崩れる…。もう書き始めてるのに。いまさら本読めなんて、大幅な遅れをとる予感…。
はぁわわわ。マヂでやばくなってきたぞ。っつーか終わらん!今のペースじゃ!(泣)家にいたら遊んでばっかなんで、図書館にでも篭ろうかなぁ…。
ヤだなぁ…………………………鬱。

そんな、のっぴきならない状況下というのに、たまたま行った店で【英雄 HERO】の中古DVDがセール品で980円だった。
…迷った挙句、ずっと欲しかったのでつい買ってしまった(爆)
バカバカバカ自分~~!
そのまま帰宅後、本を読まずに特典ディスクをずーっと見てたあちき。
バカバカバカ自分~~!

ジェット・リーはあれですね、地の声は高いんですねw 
チャン・イーモウ監督が高倉健に見えてどーしよーもないのはあちきだけでしょうか…
インタビューで、ジェット・リーとチャン・ツィイーは大陸の言葉でしゃべるんですが、トニしゃんとマギーは広東語。聞いてるぶんには、広東語のほうが好きですね。なんか、広東語のほうが耳に馴染むかわいらしい響きだと思うんだよなー。飾らない感じ、俗っぽさが好き。

トニしゃん、インタビューのときほとんど「赤」の残剣サマの衣装のままなんですね。これ、あちきとしては刺激が強すぎて困ります。その悩殺”残剣サマ”姿でトニー・レオンとしてインタビューに答えんでくれ。ウレシイけど、なんか…なんかナシなのよ。残剣サマとは別人だからね、トニしゃんは!(なぜか区別w)
そんな”別格”残剣サマでありますが、特に赤!情念の赤!嫉妬にさいなまれる赤!(力説)赤の残剣サマはエロスの塊(超爆)。不精髭の感じと髪のゆるい結い方が、色気度MAX。基本的に、この映画見るときは赤のシーンばっかりリピートする不届きモノでございますw 性格は完全にSだと断言しますよ赤の残剣サマは!(爆)如月に手ぇ出しておいて「帰れ!」ですし。飛雪に嫉妬狂いの罵声あびせますし。赤残剣サマの死に様、何か言いたげなその目線もいやらしすぎます!(喜)←喜ぶな。
ほんっと、この人、いざ本気出したらエロいなー。逆を言えば、本気出さなかったら、ただのやる気ない引きこもりオッサンですよ(爆)

そのあとの「青」の残剣サマのMへの変わりようは唐突過ぎます(笑)飛雪に刺され、置いてけぼりをくらうのがいやで、その場を去ろうとする飛雪の着物の袖をつかもうとするも、届かず。力果てて名残惜しそうに泣きぬれる残剣サマ。うわー。。。Mやわーw 酔うてはるわ~、かわいそうな自分に(笑)

湖畔での残剣サマと無名のアクションシーンのオフショットで、青残剣サマ姿のトニしゃん(ややこしいな)は、足のじん帯をやってしまったらしく、グニグニと足をこねくり回していたw 弱っ!さすが、ひ弱っ子トニー・レオンだ!もう怪我をしたのかっ。期待通りの身体能力の低さでうれしいよ(笑)
あ、普段着姿のインタビュートニしゃんもちょろっとありましたね。【インファナル~】のヤンたん風で、子犬みたいでかわいかったです。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2005/10/22(土)   CATEGORY: 香港・中国
・・・!!!(慌)
ぎゃぁぁぁぁぁっぁぁあ~~っす!!
星馳先生、何ですかこりはっっっっ
こちら
ちょっと、ちょ~~っと落ち着く時間をください(ゼェゼェ)…
あまりに衝撃的ショットだったんでビックリし過ぎてヨダレ飛んじゃったよ、パソコン画面にっ(汚ねぇなー!)
ええ??
何でまたこんな写真撮ったかね?
見る側としては相当恥ずかしいですけど…
でもすごく見ちゃいますけど(爆)
上貢にさかのぼると1ページ前がアンディの画像なんで、キメ画像対決みたいになってるんでしょーかね…。
いいから。そういうの。心臓に悪いから。

あー…でもいい胸板だな(見すぎ!)
カンフーハッスル見よ。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2005/10/09(日)   CATEGORY: 香港・中国
似てへん、似てへん
何かと最近「ケンタッキーのCMに出てる人がトニしゃんに似てる(もしくはトニしゃんの隠し子?)」というのを目にしたんでずっと気になってた。でもいつもテレビ見かけるのは”五香醤チキン”のバージョンで、まさかこれじゃないだろ~と思ってたわけ。でも調べたらやっぱりこのバージョンに出てる人のことだったらしい。http://www.kfc.co.jp/cm/index.html
え~~、全然似てないわー。
トニしゃんのほうがかっこええっちゅーねん。
でも五香醤チキンはまだ食べことないから、食べたい!美味そう!びば
鳥肉!けどケンタッキー高いからなぁ…。なかなか行かないのよね貧乏学生は…。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2005/10/05(水)   CATEGORY: 香港・中国
夢の共演、実現なるか?
SCREEN別冊のジョニー本が、まったく見つかりません。そろそろキレてもいいですか。いくら田舎とはいえまだ入荷しないってか!30日発売だってのに。コンチクショー!明日本屋行ってそれでも無かったら通販で頼むとしよう。
代わりに今日は本屋で見つけた映画雑誌「POP ASIA」をチラっと立ち読み。けっ。星爺載ってねーし。バッキャロー!(今日は相当荒れてるな)表紙のトニしゃんはなんだか足つりそうな、無理な体勢で椅子に座っててちょっとウケた(爆)小さめの雑誌なんで周りに埋もれかけていたから、前の見えやすいところに並べ替えておきましたよ。どうせ今そのあたりの雑誌コーナー、表紙はヨンだらけだからむかつくんでね。

で、香港ネタで新たな情報ゲット。
近年の香港映画のマーケット衰退を憂うのは製作サイドだけじゃなく、俳優だって同じ。そんな中、最近プロデューサー業にも積極的に取り組み始めたアンディが、”アンディ・ラウ、ジャッキー・チェン、チャウ・シンチー、トニー・レオン”という、今まさに香港映画業界を動かしている4大スター共演で映画を撮らないかと呼びかけているらしい!マーケット活性化のため、アンディは自ら私財を投げうってでもこの映画の実現に向けて動いているとか。ジャッキーとトニしゃんはこの話についてすでに何かしらコメントをしているようだけど、肝心の星爺の耳にはまだ届いてないのか否か、コメントはわからず。

これが実現したらスゴイですよ。何よりもまず「星爺×トニしゃん」!!!これが一度でいいから見てみたいからねあちきは!!!今だかつてココだけは組んでないのよ、映画ではね。ま、ぶっちゃけ路線が違うからね(爆)
「アンディ×星爺」、「ジャッキー×星爺」はあるんだけどね。(後者は【喜劇王】のほんの一瞬だけだけど)星爺とトニしゃんをひとつの画面で見れたらそりゃかなりお得だよぉー。夢のようだよぉー。
できれば現代劇じゃなくて古装片の武侠モノがいい。そうねぇ…トニしゃんは【楽園の瑕】みたいな、せくすぃ~貧乏浪人系で。寡黙で冷静。星爺は【詩人の大冒険】みたいな、文武両道な富豪。口が達者で女好きでちょっと傲慢なタイプw…う~ん、これじゃ2人の接点がみつかないなぁ。どうやって知り合うかなぁ(爆)
愛する妻を失った悲しみで復讐を心に誓ったトニしゃん。その復讐相手がアンディにしましょう。【決戦・紫禁城】みたいな悪役アンディね。で、その復讐に向かう旅の途中で自由人(笑)な星爺に出会い、ひょんなことから星爺はトニしゃんに協力することに。星爺があまりに奔放すぎて「いけ好かないヤツだ」と嫌っていたトニしゃんも、そのうち情が移ってきて、最後はよきパートナーになる感じで。あ、途中で星爺が人質に捕られちゃいましょうかね。キャーキャー言ってもらいましょう。それをトニしゃんが助けにいってもいですね。愛ですね、愛w
……あ、ジャッキーの出番忘れた(爆)

とにかく、頼むよアンディ!説得よろしく!そして実現に向けてがんばっておくれ!あちきはすこぶる応援するぜ!
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2005/09/26(月)   CATEGORY: 香港・中国
ラウ+ヤン=べすとらいばる
前回ネタを引きづり、今度は【インファナル・アフェア】を熱く、熱く語りますよー。
「香港映画ぁ?!ハァー?(麻邪風)」とか思っているそこのあなた!無礼な!インファを見れば、香港映画への固定観念が覆されること必須。アタリ映画ないかなーとレンタル屋で迷った際には、ぜひこれを手にお取りください。見終わって唸りますから。ストーリーの衝撃、なんともいえない後味に酔いしれる。それくらいよく出来てる。あぁ…やっぱりインファもDVD欲しい…。ビデオに録画してんだけど画像が劣化してきたよ…(見すぎだよっ!)

ハリウッドリメイク版では、監督マーティン・スコセッシ。
キャストは
 ヤン(陳永仁:トニー・レオン)=レオナルド・ディカプリオ
 ラウ(劉健明:アンディ・ラウ)=マット・デイモン
 サムおやびん(韓[王探]:エリック・ツァン)=ジャック・ニコルソン
 ウォン警視(黄志誠:アンソニー・ウォン)=マーク・ウォールバーグ
だそうで。
はぁ~~~(どっとため息)。リメイクなんてしなくていいよ…。あの緊張感は出せないって。オリジナル版に絶対勝てないと思う。
ていうか、なんだいこのキャスティングは。ヤンたんの役はレオたんにはハードル高すぎるだろ。ヤンたんのあの哀愁を出せるのか。ましてやラウの役はマット坊やになんて絶対に無理。サムおやびんがジャック・ニコルソンというのはアリかもとは思うけど、ウォン警視がマーク・ウォールバーグじゃ若すぎだ。レオたん、マット坊や、ウォールバーグは顔が同系すぎて面白みがないしな(爆)

ヤダい、ヤダーい。せめてキャスティング変えてくれー。やっぱりヤンたんの役はジョニーですよ。でもそれじゃ【フェイク】とちょっと似通っちゃうのが難だけどね。インファの場合、フェイクでジョニーが演じたドニー・ブラスコよりもさらに神経衰弱ギリギリな潜伏”演技”生活を強いられていると言っても過言ではないね。
たしかジョニーにもオファー来てたはずよ、この話。もちろんヤンたんでしょー。ラウみたいな、”ばりばりキャリア”な役のわけはないわ。残剣サマといい、どうもトニしゃんの役は勝手に脳内変換でジョニーに当てはめちゃうクセがあるわね(苦笑)
どうなんだろ…。系統が共通する部分があるのかしら。アレ系っちゃ、アレ系ね、わからんこともない…。(アレ系じゃわからん)あんまり書くとジョニファンにもトニファンにも叩かれそうでコワイんですけど(笑)、演技の系統としてはそうだと思いますよ。でもかもしだす雰囲気という点ではレスリーのほうが近いと思うのも本音。顔は全然似てないですけどw レスリーの妖艶さとかはかなさとか、作品によって見せる狂気な感じとか、簡単には近寄りがたい神々しさとか。ジョニーを彷彿とさせます。

と、話がズレたので戻します。
ラウ役はブラピ説もあったけど、「レオたん&マット坊や」よりは「ジョニー&ブラピ」のほうがそりゃ~魅力的だわよね。客も入るし。しかしさすがにそんなオイシイ顔合わせは無理だよなぁ…。けどブラピもちょっと違うんだよなー、ラウのイメージと。

やっぱり基本に立ち返ると、ラウの役はアンディじゃなきゃイヤだし、ヤンたんの役はトニしゃんじゃないとダメなんです!!!(力説)それくらいハマっています。もぉーかっこええにも程がある。
F4だか、そのほかの若手明星だかにキャーキャー言うとる腐女子どもに言いたい。華流の魅力の底力はこういう素敵なおっさんたち(おっさん言うな/爆)にあるんだぜ~。
あちきはヤンたん派ですけどね。ヤンたんの捨てられた子犬のような孤独な目&疲れっぷりが…。さすが確信犯トニしゃんだ。
でも1回目見たときは「アンディかっけぇぇぇえ~」と大騒ぎしてたラウ派でしたw
とにかくどっちも超絶素敵なわけです。


<追記>
香港映画ネタでよく参考にさせてもらってるサイトがあるのですけど(管理人さんはトニしゃん迷)、その管理人さんが自分のブログに【チャーリー~】の感想を書いてらした。
それで、もし香港でリメイクするなら
ウンパ・ルンパ役はエリック・ツァンしか
考えられないと!(爆笑)


あーヤッベぇ~~!!!想像しただけで笑い死ぬ~~~!!!!腹イテぇ~~~~!!!こわい~!その映像こわすぎるよおかあさ~~~~ん!!!!!エリック・ツァンが何十人も何百人も、あんなにファンキーに踊るって?そんなの反則~~!www

実は今日の夜また友人とチャーリー鑑賞に行くのですけど、エリック・ツァンの顔がちらついてしまいそうで不安…w
[ TB-0 | CO-2 ] page top
DATE: 2005/09/26(月)   CATEGORY: 香港・中国
飛雪+残剣=べすとかっぽー
近所のレンタル屋が安かったので【HERO-英雄-】久々にレンタルしてきましたー。
うぉーやっぱりこれDVD欲ぢいよぉ…。買っちゃおっかなーどーしよっかなー(迷)
レンタルのやつにも特典としてインタビュー入ってた。ウホホ~。
って、ぎゃやああああ~!トニしゃん、残剣サマの格好のままインタビューに答えてるし!それもあちきのイチバン好きな”赤”残剣サマじゃねぇかぁ!おのれ、確信犯じゃないか!?(泡吹く)…でもなぜかトニしゃん、英語で答えてるよw 残剣サマの格好で英語しゃべるなよ…ちょっとイメージが壊れるじゃねーかw 広東語と英語、ちゃんぽんでしゃべってんのね。マギーは全部英語でしゃべってた。ドニーさんも。やっぱ”英語できて当たり前”なんだろうな中華明星は。すげー(妙に感心)

本編見返してみても、この作品やっぱすごく好きだわ。色彩も芸術性もストーリーもちろんだけど、キャスティングがめちゃめちゃイイと思うね。とくに無名(ジェット・リー)、残剣(トニー・レオン)、飛雪(マギー・チャン)の3名。これ、完璧。
とにかく残剣サマのエロさったらないね(爆)”赤”のときはズバ抜けてエロい。赤のシーンでの残剣サマと飛雪との駆け引きが、すごくドロドロで好き(爆)長空と飛雪がデキてるんじゃないかと疑心暗鬼になった残剣サマが、その腹いせに自分の侍女の如月(チャン・ツィイー)に手を出す。その光景を目撃して落ち込んでいた飛雪のもとへ、残剣サマ登場。「見ただろう?」「わざと見せたんだ!」と冷たく皮肉を言い放つ。わっっりぃぃぃ男だな~~残剣サマ~~!そこが好きじゃ~~~~!うぉぉ…如月になりたいー。侍女としていくらでも身の回りのお世話をしますー。一夜だけでも遊ばれてもようござんす、残剣サマにならー(超爆)

でも残剣サマには飛雪がいるから、しょせん如月のような小娘の存在なんて関係ないのよ。残剣サマと飛雪の仲は決して分かつことができない。そういう2人なのよ。飛雪役がマギーというのが、もう、コレ、ね。他の人ならこうはいかんね。”花様年華コンビ”の2人だからこそ、ああいう感じに仕上がるわけで。すばらしい。マギーのあの色気はなんだ。なんであんなに艶っぽいんだ。もう、飛雪の存在感ったらないね。
ラストで2人が死にゆく白のシーンもとても好き。わざと自分の剣を捨てて飛雪の剣に自ら刺さる残剣サマ。その一瞬に見せる、微笑みというか、飛雪へのなんともいえない優しい目がねぇ。すごくいいんです、ここのトニしゃんの演技。んでもって、飛雪は残剣サマを後ろから抱きしめるようにして、彼の腹部に刺さったままの剣をさらに押し込んで自分も一緒に死ぬんですよ…(遠い目)オオゥ…。悲恋じゃー悲恋じゃのぅ。刺客として生きてきた運命は、こうもいたずらに2人を死にゆかせるのかぁ…。くぅ…(陶酔)

青のシーンで、湖の水面の上で残剣サマと無名が剣を交えるシーンは、ものすごく詩的で美しいシーンだけど、あれは一体どうやって撮影したんだろーね。特殊効果に頼ってる部分が大きいだろうとはいえ、あの撮影技術はすごいな。そしてトニしゃん、よくがんばったな、と(笑)いや、ジェット・リーはできて当たり前と思うけど、トニしゃんは、”THE もやしっこ”でしょ?(笑)ワイヤーアクションとか「ヲイヲイ…大丈夫なの?」と心配になるw インタビューによるとやっぱりあのシーンで足クビ負傷したみたいですけどね(笑)絶対ワイヤーからまったに違いねぇw そんな期待を裏切らない、もやしっこぶりもツボw(おい)

もしこの設定を西洋風に置き換えたとしたら、残剣サマの役は間違いなくジョニーよね。他にはありえない。ただ飛雪役が思い浮かばなくてなぁ……。如月役はスカーレット・ヨハンソンとかがいいね、個人的には。そして長空役にはクリスチャン・ベイルとかいいんじゃない?体、動きそうだからね。
[ TB-0 | CO-2 ] page top
DATE: 2005/08/22(月)   CATEGORY: 香港・中国
『我是一个演員』
ジョニ来日お祭り騒ぎ中ですが、ちょっとひと息。
☆ネタ。また大陸で☆本が出たようで。
こんな大騒ぎ中にちゃっかり☆サイトもチェックしてんだなとお思いでしょう?
偏りはいけないですからね(笑)この均衡を保つのが大事。(何じゃそら)
0822.jpg

ぎゃい~んす。やんやん、この表紙。
オットコマエじゃん。ドキドキしてまう。
思わず”表紙買い”しそうだ。…って東京行くからそんな金ねぇー(泣)O

中国でたっくさん☆本出てんだから、誰か日本語で訳して出してくれよぉ。
ジョニ本の『DEPP』だって日本版で出たじゃん。あれみたいにさー。
DVD続々発売もうれしいけどさ~、たまには本も頼むぜよー。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
copyright © Blog are*kore all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。