FC2ブログ
Blog are*kore
妄想を食べて生きてます。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2008/04/29(火)   CATEGORY: 観賞メモ
三日月キター
DVDにて。

【転々】
オダギリジョ主演ー×三木聡監督。
「時効警察」ファンがこれを見ずしてどうする!というわけで。
さすがです。究極に地味~~~~に面白い(笑)
この地味さが大切なんです時効コンビは。
あくまで地味ぃ~にわき腹をおそってくるようなアプローチ。
ふせさんと岩松さんもちゃっかり出てて、また粋です。
ギリジョを散歩にさそう借金取りの三浦さん。
三浦さんのアバンギャルドなんだけどふんわりした物腰と口調がとても良かった。
本当に父子のような東京散歩を見せてもらった気がした。
ラストに近づくにつれ、ウソ家族生活をするんですが
ギリジョがカレーを食べながら泣いてしまうシーンにじんわり。
そしてなんといっても、まさかの友情出演で三日月くん(麻生久美子)登場!
三日月くん大大大ファンとしては「うきゃーーーー!!!!」と絶叫する嬉しさだった。
思わず巻き戻して2度見した(笑)
三日月くんが駐車違反の取締りしてて、ふと霧山くんに似た人を見つけて「?」って顔する。
セリフ無いけど、もうたまらんくらい可愛かった、あのワンシーン。


【ナンバー23】
ヤフーレビュー見るとあんまり評価良くないみたい。
でもあたしはかなり好きな映画で久々にのめりこんで見た。
23に対してこじつけ過ぎるとか、ラストのオチがみえみえだとかいうけれど
あたしは全然そんなふうには思いませんでした。
いたってバカだから?(オイ!)
映画見てるとき、ふと時計に目をやったら14:15。
時計の短針と長針が、2と3をさしてたわけですよ。
ちょっとブルりました。ぇぇ。ラストシーンに同じ描写があったのにもブルりました。
まぁ第一この映画が好きな理由は
ジム・キャリーがかっこよすぎて惚れ直した。あは~ん☆
現実の中のくたびれた中年男性パパ役と、小説の中のハードボイルド風探偵。
どっちもツボだった。
小説の中の設定で結構からみシーンが多かったですけど
思わずどきっとするほどセクシーで男の色気を感じましたー。あはー。




スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-1 ] page top
DATE: 2008/04/14(月)   CATEGORY: 観賞メモ
欲望うずまく宮廷
ラスト・フレンズ面白かった。あれは続けて見ることに決定。
なんたって樹里ちゃん・瑛太・あさみちゃんと、のだめファミリーがごっそり出てるんでね。
贔屓しちゃうんだ。
やっぱり樹里ちゃんは天才だ。
DV男が亮くんっていうのがめっちゃ意外。
だってジャニーズがあんな配役許すっていうのがねぇ~。かつてない思い切りだね。
亮くんもなかなか冷血に不気味さだしてていい感じです。
高音でTIME ZONEを歌ってたガキんちょだったのに、すっかり大きくなったわ(笑)

さてさて、観賞メモです。

【王妃の紋章】
ひさびさに巨匠チャン・イーモウの新作ですね。
劇場内やけに年齢層高くてちょっと居場所がなかったですけど(汗)w
金をかけてます。人を集めてます。
”贅の極み”をこれでもかっちゅう~ほど見せ付けてくれて、
こういう、現実を忘れさせるほど目のくらむ映画は、映画としてあっぱれです。
なんといってもコン・リーですか。
大女優コン・リー、まだまだ女王の座は譲らないとばかりの圧倒の演技。
そして欲望・陰謀・憎悪…ありとあらゆる人間の修羅が凝縮された
インパクト大な映画です。
あんな宮廷滅んで当たり前だろww
本業は歌手、次男・ジェイ・チョウの演技は【頭文字D】以来見た気がしますが
少し進歩したかなと思いました(笑)まぁアクションかなりがんばってたので○。
長男リウ・イェ。草食動物リウ・イェ。…あたしのリウ・イェ(違う!)。
イェが義母コン・リーに迫られるわ、ちゃっかり薬係の女中に手を出してるわで、
めずらしく男の機能が活用されてる役でしたww よかったよかった。
イェは地味な役を演じることが多いので、きっとあのロケ現場も
まぶしすぎて目がチカチカしたんじゃないかとか、ヘンに心配させます。
それもコン・リーという超強力な肉食動物の前で、よくもまぁがんばった。
ライオン=コン・リー。インパラ=リウ・イェ、みたいな構図ですから(笑)
それにしても薬係の女中め。。。うらやましいスリルじゃ。。。
王妃に薬を運び、皇太子とデキてるなんて。昼ドラみたいなスリルじゃw
イェでも全然OKだけどー、脳内変換で皇太子はニコのほうがもっといいけどね~(壊)
三男坊はまさかの逆襲を見せてくれてそれもすごかったですね。
やっぱりこの家系は完全にイカれてしまってます。あっぱれ。


【バイオハザードⅢ】
DVDにて。Ⅲでさすがに終わるかと思ったら、全然終わる気配ねぇ~~(笑)
いつまで引っ張るんですかこのシリーズ。
実はⅠ・Ⅱと最近まで見てなかったんですけど
まとめて見たんですよね。
Ⅰは相当コワくてアンデッドが出現するたびに毛布に隠れながら見ましたけど
もうⅢまで来たら慣れました。
ひたすらにアリスが綺麗&カッコイイのでアリスに見とれます。
[ TB-0 | CO-2 ] page top
DATE: 2008/03/23(日)   CATEGORY: 観賞メモ
日テレは死神好き
観賞メモでーす。

まずは映画館にて。
【SWEET RAIN 死神の精度】
L公開中ってのに、また死神話とは日テレはどんだけ死神好きやねんw
なんとなく、あとからジワジワくる映画でした。
見てるときにはちょっとソフト過ぎて物足りん感じもしたけど
3話オムニバス形式なストーリーが実はつながってる、
そしてその絡まりが・・・切ないんだ、これが。
一番良かったのは、主題歌を歌う謎の歌手・藤木一恵の歌声です。
実は映画の中でコニタンこと小西真奈美が演じてる役名で
そのまま主題歌としてコニタン自身が歌ってるんでありますが、
この曲がめちゃめちゃいい~~~~~!
曲がかかるたびに泣いてました、あたし。
すでに予告編で見てた頃から主題歌がなかなかええ曲やな~と思ってたので
下に小さく名前が出てた「藤木一恵」って誰なんやろ、と気になってたんですよ。
まさかコニタンが歌ってるなんて想像もしてなかったのでね。
いや~、コニタン歌うめぇ~な。
もともと好きな女優さんですがさらに好きになった~。
コニタンの役は電化製品会社のクレーム処理係という設定で、
あたしの仕事もちょっと似たところがあるので、余計に感情移入した。
金城っちは、死神ゆえ、ちょっとした世の中の流れについていけてない、
そこが天然ぽくうつってかわゆすでした。
あと、”ミュージック”を聞きながらいちいち首を振ってるところもw
ミュージックならどんなジャンルでも好きなんですかね。
CDショップにぞろぞろと仲間の死神がたむろしてたのを見ると
死神はみんなミュージックが好きなのだね(笑)
あと富司純子さんも良かったです。富士さんも好きです。
寺島しのぶのお母さんですよね。綺麗だ。ああいう凛とした女性は綺麗だ。

あとはDVDにて。

【クワイエットルームにようこそ】
松尾スズキ映画、好きなのでほっとけないw
舞台は精神病院で、主人公の運命も結構重いものなんだけど、
やっぱりところどころアホだった。さすがスズキw
けど内田有紀のプロモーションビデオじゃないかと思ったね。いい意味で。
めちゃめちゃ良かった、内田有紀。
見ながら「かわいい~!」とか、「かっこええ~!」を連呼しましたよ。
女優さんとしてすごくあぶらが乗ってきたんじゃないですかー。(何様だ)
大竹しのぶ姐さんの怪演もさすがであります。
よくもまぁ、あんな憎らしいババアを演じられるもんだ。かっこえぇー。
あと蒼井優ちゃんも出てます。か~~わ~~~~い~~~い~~(虜。)
優ちゃんはパンクな役もたまにやりますよね。それも上手いから、すごいなぁ。
内田有紀がお笑い番組ばっかり見てダメダメな生活してる様子が、
今のあたしに重なって背筋がゾっとしたww

【タロットカード殺人事件】
ウッディ・アレン監督作品は実はあんまり好きじゃありません。
なんかしっくりこないものが多くて、単にあたしの好みじゃないだけなんだろうけど。
今回もじじい(アレン)自身も出演。じじいは出たがりやなぁ(苦笑)
そんなじじいが虜となって、自分の映画に出させまくってるスカーレット嬢。
スカーレット嬢もしたたかやなぁ。
じじいを手の平の上で転がして、映画界の土台固めをちゃんとしてエライよさすがだ!
そんなしたたかなスカーレット嬢がかっこよくて好き☆
今回はずっと眼鏡をかけてるスカーレット嬢。
ヒュー様に眼鏡はずしてと言われるも、「コンタクトは眼球に直接触るから」と
眼鏡にこだわる理由にウケたw
内容的には2時間サスペンスみたいな感じでたいしたもんじゃなかったけど
スカーレット嬢とヒュー様が見れただけで満足でした。
あ、あとタイトルがちょっとダサいね。


[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/03/10(月)   CATEGORY: 観賞メモ
邦画2本ダテ
映画館にて珍しく邦画2本ハシゴ。たぶん邦画を立て続けというのは初めてかな。

【L change the world】
遅くなってゴメンよ松ケン!
ほんというと公開されてから、DVDでもいいかな~と思い始めてた矢先
おしゃれイズムで青森なまりを連発する松ケン見て、
「やっぱ好きだわ!」と思い映画館いった(不純)。
Lたんはカワユスだわ~相変わらず!
丘の向こうからチャリでガキ2人をつれてこいで来る姿は完全に笑かそうとしてるよなー
ずるいなー(笑)
お菓子おでん(笑)を作って差し出してみたものの、
いらないと首を振られてキョドるL。かわいすぎる。心が折れたねw
飛行機に飛び乗るシーンはハラハラしましたね。
Lたん、一生分の運動神経使ってしもうたやんw
ワタリが亡くなったあと、あの部屋は誰が掃除してたんでしょうね。
菓子食い散らかして大変ですよ。あたしが掃除いったろか~?
ラストシーンはふがいなくも涙出そうになりました。
もう少し生きていたくなったLたん。。。Lたん死ぬ前に人間の愛にふれたんだね。。。
ストーリー的にもまぁ満足です。
高島の言いなりになった環境団体のグループはあまりにも機械的人間すぎて違和感ありましたが。
特にあのネエチャン、必要以上にこえぇーっつの。
鶴見さんの死にっぷりはもう少し短くならんかったですかね。
丸こげ血だらけ姿は一瞬ギョっと固まりました。あそこはドーン・オブ・ザ・デッドね。

【クロサギ】
最近夕方にドラマの再放送してたんで見てたんですけどすっかりハマってしまいまして
映画も結局見ちゃいました。
主役が山ピーだからはじめはナメてたんだけど、脚本がいい。脇を固める俳優陣もいい。
黒崎っていう役はけっこう演じがいある役だから、やりたい俳優多いんじゃないかな。
ジャニ向きな役でも脚本でもないと思う。
だから山ピーはいい役回ってきて良かったと思うよ。
ただもうちょっと年齢的に成熟してれば、もっと役相応になると思うけどね。
騙すにも限度があるやろ!ってくらい見た目が若すぎるときがあるからね(笑)
山ピーは中1くらいの頃から知ってるので(某Jrファンだった時期があるからw)、
いつまでたってもあたしのなかでは山ピー=可愛らしい童顔少年ってイメージだったけど
黒崎のときはちょっと大人の男な一面も見れてドキドキしちゃうのも事実。
山ピーも大人になったのね~(すっかりおばさん目線。)特に胸板とか「まぁ!」って感じw
山ピーといい斗真といい先輩の後ろでちょろちょろしてたハナタレ小僧だったくせにね~w
ちょっと目をはなすと急に色気だしてくるから、育ちざかりってこわいわ~。
けど映画がはじまっていちばん最初のショットが山ピーのドアップで、
客席から女子高生らしき女の子の「きゃ~カッコイイ~!」って声がして
あ、やっぱりジャニーズ映画なのかこれは…とちょっと落胆した。。。
ああいう声援はアリーナでやってくれ。映画館でするな。。。
ドラマの最終回の最後の最後に思いっきりダマされて「ええ~~!」って声が出たんで
映画のラストにもそれを期待したけど、さすがにどんでん返しは無かったですね。
でも、じゅうぶん楽しめました。
あ、山ピーがジャック・スパロウの扮装をしてるシーンは正直いらんやろと思ったけどw
あとPCキングの営業マン姿は特命係長只野仁にしか見えなかった(笑)
あたしはてっきり、かたきである岸辺シローに復讐するんだと思ってたんですが
勝負の相手はほとんど竹中直人でした。
魔王杉田ももっと絡んでくると思ったんですけど、はじめだけでしたね。
哀川アニキは今回も高笑い。あの高笑い、アニキ高音だからちょっとヘンで笑ってしまうw
堀北ちゃんはイケメンパラダイスで忙しかったのかほとんど出て無かったですね。残念。
堀北ちゃんの心の葛藤も切なくてドラマの見所のひとつなのでね。
山崎さんは本当にこの話の核ですよ。あのたぬき親父っぷりは凄い、凄すぎる。
あの人の頭の中は誰にも計り知れない。そして誰をも魅了するそのオーラがにじみ出てるものね。
その山崎さんと対峙して演技することで山ピーはかなり鍛えられたと思います。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/03/08(土)   CATEGORY: 観賞メモ
ライラ・ジャンパー
【ライラの冒険 黄金の羅針盤】
まぁまぁ。
ナルニアよりは面白かったかなという印象。
先行上映でみたのでもう内容を忘れかけていますが(爆)
人がいっぱい集まると、ダイモンも同じ数集まるわけで、
画がギュウギュウになってました(笑)
ライラはまだ子どもだからダイモンのかたちが定まってないんですね。
ネズミっぽくなったりイタチっぽくなったり、はたまた鳥みたいに飛ぶときもあるし。
ニコールのダイモンがめっちゃ嫌いですあの猿。こえぇ。
最後のほうで隔離施設が爆発したとき、ニコールが後姿ばっかり使われてたので
あきらかに代役だなというのがバレバレでした(汗)
あとクマさんカックイイー。
「イオレク・バーニソン」ってフルネームで呼ばれまくるのもカックイイー。

【ジャンパー】
「短っ!」って印象。
久々にちょっとお金損したかもと思う映画だった。
な~んか短すぎるし、雑すぎる映画だったもの。
飛びゃ~イイと思ってる。飛びすぎて展開がスピーディーすぎるから
それで1時間半たらずの映画じゃ、見た感覚は賞味40分くらいよ。
それにダイアン・レインの役は必要ないだろ!
パラディンの1人って、けっこうエライっぽかったけど
彼女は組織の中でどれくらいの地位かもわからずじまいで。
ヘイデンはわざとあの髪型なのかな。ちょっとドンくさく見える感じに。
あたしゃもっと綺麗なヘイデンが見たいぜよ。
東京の地下鉄のシーンで新庄の看板がちらっと見えてフいた(笑)
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2008/02/21(木)   CATEGORY: 観賞メモ
うろ覚えですが
観賞メモをさぼりすぎなので書く。
最近映画館はいってません。スウィーニー意外、は。
スウィーニーはすでに5回見ました(死)。まだ見ます。

でも来週あたりから、【ライラ~】と【ジャンパー】は見たいなと。
嗚呼、ヘイデン王子…目の保養だ…☆
【マゴリアムおじさん~】だっけ。
あれ、完璧にチャリチョコのパクリとしか思えんから見ないわな。

ん~最近見たDVDは。。。邦画が多いですね。
【キサラギ】。オモシロす。人気があるのがうなづける出来。
ひさびさに先が読めない展開に出あった。
大好きなのは最後の最後のヲタダンス。
日本アカデミー賞見てたら、メンバーがヲタダンスを必死に練習してる姿があって泣けた(嘘)
愛しのユースケはやっぱりスタミナ切れか、真っ先にダれていたw
はい、小栗くんではなくユースケ目当てで見てますからっ!
いちご娘@香川は反則であった。いちばんカチューシャしちゃいけない人。

【舞妓haaaaaaaan!】は期待どおりな感じでいいんじゃないですか。
コウちゃん綺麗だったし、もう1人の舞妓の子は時効警察のマカデくんですよね(笑)
かわゆすだった。
そして阿部サダヲがかわゆすだった。主役に阿部サダヲ抜擢は正解。
でもミュージカルのシーンはイラネと思た。
こういう悪ノリがクドカンのだめなところ。

【憑神】。死神がかわゆすだ~ね。鞠つき姿が反則的にかわゆす。
そして香川さんは邦画に出すぎw また居た、と思た。
ぶっきーは『ブラックジャックによろしく』の演技にけなげな頃がMAXに好きで、
そこからだんだん調子にのってる感が出てイヤになってきてたんですが、
ここ最近ちょっとまた好きになってきたかな。
そこそこ役者に本腰いれてきてるわね、と。(何様目線w)
佐藤隆太が西田敏行に悪霊退散を唱えてるシーンが長すぎてツボでした。

【ドルフィンブルー】
年下くんの中でお気に入りの松ケン☆
なんか佇まいが好きなんです彼。うふ(爆)
公開中のLタンは見に行くかどうしようか迷い中ですが、ひとまず家にて別のを観賞。
イルカの人口尾びれという話は、以前ニュースでちょうど見たことがあったんで
なかなか興味深い題材でありました。
ブリジストンさまさまw
エサの準備とか水族館の仕事ってかなりタフ。
ショーとかで見るお兄さんお姉さんの姿はほんの一部にすぎないってことですね。

【愛の流刑地】
きゃ~~アイルケ見ちゃった~~!!!!!知っとるけ?
…でもぶっちゃけ期待してたほどエロくなかった(どんな期待してんだ/爆爆爆)
寺島しのぶとトヨエツだからかな~。画が綺麗だったもんな。
でも、なんなんでしょう寺島しのぶの官能美はね。
めっちゃ美人って訳じゃないのに、色っぽいんだよね。艶っぽいんだよね。
あれは習得したいものだね、弟子入りきぼんぬ。
ハセキョーがちょっと度を履き違えて体を張っていたw
別にあんたにその設定いらなくね?と思た。
蔵ノ介だけが得をしてたと思う(笑)

【傷だらけの男たち】
久々に香港映画です。
トニしゃん&金城っち共演で見たかったのだよ~これ。
ダッセー邦題つけられてるけど(爆)、なかなかに重厚な心理戦でした。
まぁそれにしてもアンドリュー・ラウは警察モンが好きやねw
まず眼鏡ふぇちとしては、トニしゃんの眼鏡に萌え~でした。
その眼鏡姿で淡々と凶悪な殺人くりひろげていっちゃうもんだから
トニしゃんどうしちゃったの??いつものヘタレトニしゃんじゃなーい!と興奮(笑)
金城っちはアル中演技がちょっと大根っぽかったけど、まぁ許す。
今回金城っちはもちろん広東語なわけですが、普通語・広東語・そして日本語と
完璧に流暢に話すわけで、きっと英語も喋れそうだから、ほんとこの人の語学力
はスゲェよなと感心せずにはいられませんわ。


[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2007/12/16(日)   CATEGORY: 観賞メモ
アイ・アム・レジェンド
20071216.jpg


すごく見たかったんですよ~コレ。
予告編を見たときから、あのNYでの荒涼とした街にウィルがポツンと
1人という、ありえない映像が印象強くて。
ありえないもん、戦闘機の翼の上から打ちっぱなしって(笑)かっこええ。
どうやって撮影したのかすんごく気になる。
全部合成?それともセットなのかな、あの街。
どちらにしてもすごすぎるよ。

で、見終わっての感想。
ビビリなあたしには、思ったより怖かった…《《ガクブル》》
弱点なんだよ~、ゾンビ系は!
感染者が次々と。まるで後半バイオハザードですよ。
おしっこチビリますよあたしはあのくらいでも。ヘタレなのでね。
来る来る…!!と身構えてずーっと変な体勢で指の隙間から見てたんで
ヘンなところが痛いよ。つったんだよ体が。ゼェ。
だからなんか見終わって疲れた。。。
車中思い出して、ずっと「こえーっ!」連発。

でも、映画自体は悪くない。怖くなければもう1回見たいかな。怖いから無理だけどw
ウィル好きとしては、とてもかっこよかったですね~ウィル!
名演技でした。極限状態でも人間味が感じられて。
科学者役ってどーかと思ったけど、知的な役もじゅうぶんいける。
そしておきまりのサービスショットが満載(笑)
裸でトレーニング姿はそんな必要か?w
【アイ・ロボット】でも無駄なセクシーシャワーシーンがあって、それを思い出した(笑)

そして共演の愛犬サム!
サムが~とにかくサムが最高なんだよ。
サムとウィルのね、絆っていうの。生き残ったたった1人の主人と愛犬。
唯一、話しかけてレスポンスが返ってくる、それがサムだったんだよね。
生きてることを実感できる相手だった。
そのサムがさ…。。。あ~思い出してもあのシーンは泣ける。。。
サム~~~~~!(号泣)

生き残った者の内面の部分が、サムとの交流で描かれてて
そこはとても良かったと思います。


で!この映画の前に予告編でフルバージョン(?)の
【スウィーニー・トッド】見た!!!
ジョニー!!すげ~~~~~~~~!!!!
はぁぁぁ。また鳥肌たった。
すげぇ。。。(ため息)
やっぱジョニーは毎回新作見せるたびにあたしの鳥肌立たせるよ。
こんな人はこの世でやっぱりジョニー1人だ。
すんごく見たい。嗚呼、見たい。待てない1月!!!
ちゅーわけで、サントラ早く買お!
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2007/11/25(日)   CATEGORY: 観賞メモ
ミッドナイト・イーグル
【ミッドナイト・イーグル】見てきました。
あ、そのまえに映画館で【スウィーニー・トッド】のポスター発見して
テンションあがりました。
チラシは置いてなかったけど、スウィーニーちゃん見て
携帯で写メとったろかと思ったけど、自粛しておきました。

で、イーグル感想。
やっと公開されましたね。
思い起こせば、玉ちゃん握手会時に撮影してたのがコレじゃないですか。
あれからもう10ヶ月くらいたったのか、早いな。。。

感動しました。
でも、期待を上回るほどではなかった。
【日本沈没】と一緒だな、と。
結局そういう終わり方にしときゃ感動巨編として無難だよな、ていう締め。
日本国民の命は、自分の命を犠牲にしてまでも守り抜く、
はいはい、やっぱりね。
それに、玉ちゃんが死んでしまうのはTVの予告でバレバレやし(爆)
ああいうシーンは予告で流すなといいたい。

雪崩にまきこまれて大沢さんと玉ちゃんが雪の下からガバっと生還した
シーンはすごいなと思いました。
あの雪の中に何秒埋まってたんだろう…想像するだけでしんどい仕事だ。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2007/11/21(水)   CATEGORY: 観賞メモ
ボーン・アルティメイタム
【ボーン・アルティメイタム】見に行きました。
うん!面白かった!3作目の出来がいちばん好きかも。
終わり方がね~、ニヤっとさせてくれてニクイね。
ああいう終わり方すごい好き。
マットかっこよかったですし。

アクションシーンは超ハードになってた。
カーチェイスのシーンとか、もうこれ完全に死者出るだろっ!安全に撮ろうよっ!
って心配になるほどド肝が抜ける迫力ですね。
あとカット割が細かい。あまりに視点が次々にチェンジするから
目が疲れるシーンがしばしばありますが、スピード感は伝わる。
テンポがよいスピード感がこの映画の醍醐味でもあるしね。

ひさびさに爽快な見終わりでした。


[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2007/10/21(日)   CATEGORY: 観賞メモ
グッド・シェパード
327032view001.jpg


1ヶ月ぶりに映画館へ。
マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー共演。
監督はロバート・デ・ニーロ【グッド・シェパード】

内容は悪くなかったのですが、
なんとも長い。長すぎた。この地味さで3時間弱の長さは相当ですよ。
CIAと家族の間で揺れる主人公の苦悩、それはよく伝わってきたけれど
展開が静かなので、これをレイトショーで見るときっと寝ます。
朝イチで見てよかった。。。

ただひとつ納得いかないのは、何十年ぶんもの人生を描いてる作品なのに
マットもアンジーも全然歳をとらないってこと。
息子はがんがん大きくなって結婚する年齢にまでなるのに
マットもアンジーもしわ・白髪、一切ナシ。考えられへん(キム兄風)。
アンジーはこういう抑えた役より、派手な役のほうがあたしは好きだな。
存在自体が”大輪の花”だからさ、やっぱり浮くもんね静かな作品では。
マットはそういう意味では”ザ・地味男くん”なので、のびたくん眼鏡で
知的さいっぱいでしたよ。
冷静沈着な役もこなせて、次作の【ボーン・アルティメイタム】では
体はってアクションにいどむ、と。
ああなるほど。マットが人気出てきた理由がちょっとわかる。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2007/09/16(日)   CATEGORY: 観賞メモ
ひさびさ
観賞メモ、ひさびさ。
ていうか、映画メインのブログだからねここ、本当は(笑)

・【ミス・ポター】映画館にて。
ピーター・ラビットを生んだ作者ビアトリクス・ポターを演じるのは
レニー・ゼルウィガー。
その初恋の相手となる編集者ノーマン役がユアン・マクレガー。
ひさびさにレニ子主演映画を見たんですが、レニ子にぴったりな
役でしたねぇ。嫁に行き遅れてる感をあれだけリアルに出せる女優は
レニ子しかいないね(←褒めてます。)
そして相手役がユアンちゃんだもの。いい組み合わせだわ。
ユアンちゃんの誠実さにうたれた映画やったなぁ~。ユアンちゃんやっぱ最高。
プロポーズのシーンが、2人の暗黙の承諾って感じで、
とってもいいシチュエーションだったんですよ。それが思わず泣けた。
劇中に出てくるピーター・ラビット他のキャラクターたちもうまく溶け込んでて
な~んか、心があらわれる清い映画でした。

・【ママの遺したラヴソング】
こちらは大好きなスカーレット嬢主演です。
スカーレット嬢がえっらい若いんですが、これはメイクうんぬんではなく
何年か前の作品でしょうね。高校生役だしね。(調べたら2004年でした)
ママが死んで、見知らぬ男2名との不思議な共同生活。
彼らは劇中で言う”ソクラテスとプラトン”のような、師弟関係ではあるんですが
その男2人暮しっていう設定があんまりしっくりこない感じはあるんです。
一緒に暮らすまではいかんやろ、ゲイじゃあるまいし、みたいな。
でもゆったりとしたニューオーリンズの田舎風景見てたら、
別にいっかって思いました。
スカーレット嬢はやっぱりすっぴんに近い等身大な役をやってるほうが好き。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2007/08/14(火)   CATEGORY: 観賞メモ
書きサボリ
観賞メモもほったらしです。
メモメモ。

【酒井家のしあわせ】…ユースケと友近って、あまりに普通な夫婦っぽくて妙にリアルだった。
息子が友近にユースケの病気のことを打ち明けるシーンでグっときた。
無愛想な息子のくせにあぁいうときに泣き出すもんだから。

【ハリーポッターと不死鳥の騎士団】…劇場が案外人少なかったぞ。シリーズ最高ヒットって本当か?(疑惑)
シリウスが惜しい。
でもそのかわりヘレナ・ボナム=カーター登場でうれしい。いけいけ!極悪ヘレナ。

【どろろ】…い、意外に面白い(笑)CGは時々げんなりする感じだったけど。
赤ちゃん妖怪を保護し、手なづけるぶっきーがツボすぎたw
鞠玉で遊んでやっちゃってるしw それもおもいきり無表情でwww
「残り24体」って最後にテロップが出たのを見て、2があるのかなと思った。

【デジャヴ】…展開が分りにくかったけど、でも退屈はしなかったかな。
やっぱり時間が交差すると頭の整理がおいつかないね。

【ユメ十夜】…10のオムニバス形式ですが、見たかったやつ(山本耕史のと松山ケンイチのと阿部サダヲの)しか見てませんw (ヨリ好みするな。)
阿部サダの2ちゃんねる用語が面白すぎ。さすが監督松尾スズキ。大人計画は濃すぎます(笑)
山本耕史と松山ケンイチは服装が完璧でヨダレでた(ぽ~☆)
特に松ケンは、三○氏よ、あれは見たほういがいいぜよ!
パナマ帽とやらがめちゃめちゃ妖艶に似合ってて、やっぱ松ケンは本気だせばかなりイケてるぜ、と再認識いたしました。

【007カジノロワイヤル】…007シリーズをこれではじめて見ましたが、いいんでないのんダニエル・クレイグ。
でもボンドより実はかっこいいのがM役のジュディ・デンチだった。
あいかわらず若いな~。

【さくらん】…好きかな。さすがアンナかっこいい!
林檎ちゃんの音楽もかっこいい。
ま、ラストは読めるけどねぇ~w 
じゃなきゃあんないい男を女郎屋の勤め人にもってこないよな~。
アンナちゃんの勢いある演技に対して、それに対抗する管野美穂と木村佳乃の女優魂もすごかったですね。2人ともすごく綺麗だったし。先輩花魁の洗礼たるや、大奥よりも修羅場を感じました。

【オーシャンズ13】…シリーズの中ではいちばん楽しめたかな。
特に好きなシリーズなわけじゃないのだけど、アル・パチーノが見たかったので今回は映画館でと決めてました。
冷血ホテル王アル・パチーノがこてんぱんにされていく様子があざやかでスカっとしたね。
エレン・バーキンも素敵だった。50過ぎてるのにあのバディですよ!?せくすぃ~~。
あと、餃子食っててもブラピはカッコイイ(そのシーンばっかり頭に焼きついた。)

[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2007/07/05(木)   CATEGORY: 観賞メモ
乱れ走り書き
観賞メモ。ほんとにメモ(短っ)w

【TANKA 短歌】…黒谷友香のハダカが見たいのは男だけではない!
(誤解される発言/爆)
ややや、あぁいうプロポーションに憧れるよ、っていう意味ですからね。
ただ、あの終わり方はねぇーだろ、と思った。
次は「アイルケ」に期待しよう(爆)

【武士の一分】…キム○タク嫌いなのになぜか借りた。
でもやっぱり途中で眠気に負けた。

【モーツァルトとクジラ】…自閉症同士の恋。
ジョシュはあぁいう純粋な役があってると思う。
ブラック・ダリアとかの背伸びした役より全然いいよ。可愛いよ。
相手役はネバーランドでジョニーの奥さん役だったラダ・ミッチェル。
天真爛漫な中にも女性らしさが感じられて、すごく活き活きしてた。

【シュレック3】…大好きなシリーズなのに、めっちゃ楽しみにしてたのに、
仕事帰りにいったものだから、また寝てしまった(呆然)
友達が吹き替えがいいとごり押ししたため、大好きなバンちゃんの声がきけなかったのが不満。(猫タン)
ただ今回も猫タンのウルウル目は健在だった☆

【悪夢探偵】…映画自体が悪夢みてるような感じだった(苦笑)
こぇ~よ。ビビリなあたしにはあのレベル怖すぎるよっ!
主役って龍平じゃなくてhitomiじゃない?
hitomiの大根っぷりを堪能するにはいい映画じゃない?w
なんでこの映画で女優に挑戦してみたのか、わからないねぇ~。
安くんが悪夢にやられるなんて許せない。美しい男は最後まで出せ!(告訴)

余談。
DS買って以降、すっかりゼルダに途中挫折し、クリアすることなくソフト替え。
だって面白くなかったんだもん…。
やっぱり行き着くところはFFってことで、FF3を遅ればせながらやってます。
…ハマりすぎて何時間でもやってる…(あほ)
ちなみに只今やってるキャラのみんなの名前は
ニコラス、スカーレット、アンジー、オーウェン。
           ↓
20070705.jpg
みなさんがんばってくれています(笑)
なぜかアジア系が1人まじって孤軍奮闘中。
一応ニコラスがリーダーでがんばってたんですが、やたら弱いんす(爆)
恐妻に萎縮してるんでしょうかね、全然レベルアップしやしねぇ。
だもんで今はオーウェンがリーダーやってます。
大丈夫なのだろうか…こんなヘラヘラリーダー(笑)
旅の途中でベン・スティラーという仲間に出会えばきっとパワーが倍増するはず。
スカーレットは名前付けた後できずきましたが、実は男の子でした(爆)
足を引っぱるニコラスがしょっちゅう「せんとうふのう」になるんで、
スカーレットが白魔法で助けてくれてます。お世話さま。
アンジーには黒魔法ばっかり覚えさせています。
暗黒パワーでぐいぐい勝利に導いてくださいませ。
アンジーがいちばん強くなってるんで、頼れるMrsスミスです。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2007/06/17(日)   CATEGORY: 観賞メモ
未解決なモヤモヤ


昨日観賞してきたのは【ゾディアック】。
ゾディアック…。なんとも不気味な響きで耳に残る名前と思いませんか。
これが今もなお未解決な事件の犯人の名前なのだから、なお不気味。

ジェイク・ギレンホールとロバート・ダウニーJrが好きなのです。
そして監督は【セブン】のデビッド・フィンチャー。
セブンの鮮烈な切り口が好きだったので期待して見たんですが…
嗚呼、期待して見ちゃダメなんだなって【プレステージ】同様思いました(爆)
未解決なんだから、もちろん映画だって犯人は謎に包まれたまま終わっていくんですよ。
そりゃわかってたけどさ、やっぱしっくりこないね。
犯人が犯行を重ねる動機さえもわからない。
単なる猟奇殺人か、それとも何か別のメッセージが込められた犯行なのか
それだけでもわかれば、もうちょっと見る側も入り込めたかな。

ただ登場人物たちはゾディアックに魅せられていくわけです。
無我夢中で没頭していきはじめるわけです。
そこで登場人物と自分との温度差を感じましたね。
おまけに仕事帰りの疲れもあり、途中ウトウトしたもんだからよけいに(汗)
ごめんねジェイク。あんたが必死な間あたしゃ寝かけてたよw

唯一よかったのは、ロバート・ダウニーJrがいい感じに高田純次っぽい
風貌になっていたことですかね(笑)
[ TB-0 | CO-0 ] page top
DATE: 2007/06/12(火)   CATEGORY: 観賞メモ
大日本人だよ!
メガネ買ったり、タイヤ変えたりオイル交換したり、パーマかけなおしたり、
中国語の電子辞書買ったり、服買ったり、サンダル買ったりしたら、
………お金なくなった(当たり前だろ。)
月末には社員旅行(USJ)でまた散財だ。そして来月は車検だ。
………あぅ(吐血)

さ。今回は【大日本人】。
興味はあったけど映画館でまで見る気はなかったんですが、
同僚にグイグイ引かれて連れていかれるはめに。

感想はというと、「え?」っていう(苦笑)
いやいやいやいや、そこで”おしまい”で逃げるって卑怯やん?ヽ(#゚Д゚)ノ
会場のあちこちで「えぇ?おしまいかよ!」ってつっこむ声多数(笑)
あそこで終わるのが松ちゃんの笑いの美学ですか。それはないやろ。
絶対に家でDVDでごっつでも見たほうが満足できると思います(爆)
あんなん、そりゃカンヌでやっても意味不明だろうよフランス人には。
春、夏、ときたら秋冬があると思うやん。ナシかいw

獣が面白いのはわかります。
海原はるかなんて、そこついてくるかよ(笑)とか。
あとジャスティスだっけ。戦隊ヒーロー。
ジャスティスのシーンは特にごっつっぽかったですね。
往年のゴレンジャイを思い出すようなw
ジャスティスのだらだら感は良かったけど、そこでぶったぎっちゃダメですよ。
ジャスティス息子・宮川大輔の動きがちょっと浜ちゃんっぽかったような。
ジャスティス父は誰だったんでしょ。「ぜひ」知りたいw
でも一番笑ったとこは夏になって松ちゃんが髪切ったとこでしょ(笑)
あと松ちゃんが娘と動物園に行くシーンは、なんか貴重すぎる画でしたねw
全然子どもなついてなかったけどw
[ TB-0 | CO-0 ] page top
copyright © Blog are*kore all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。